枚方王子

枚方王子

ギャンブル辞めて陸マイラーへ転向したパパです。日々チャレンジして公開していくことを責務としています。

クレジットカード発行と入会キャンペーンで大量マイルとキャッシュバックを狙え【6か月で24万マイル貯めたからこそ分かる陸マイラー各論④】

 

「クレジットカード発行」

といえば、陸マイラーの稼ぎ柱です。

数多く存在するクレジットカードカードは、初心者陸マイラーだけでなく、ある程度経験を積んだ陸マイラーでも、案件が枯渇まで相当な案件をこなす必要があるという点で、定期的に稼げる案件です。

 

陸マイラー御用達のFX案件と並んで稼げるという意味では、陸マイラーの大黒柱とも言えます。

FX案件についての記事はこちらを参照↓↓

といっても、この記事の内容としては、

「日々の出費をすべてクレジットカードで決済して、マイルを貯めましょう」

という話ではありません。

f:id:shingo-sakuragi:20170706002950j:plain

本記事でポイントは

①「クレカ決済」ではなく、ポイントサイト経由で「クレカ発行」したマイルを稼ごうということ

②「クレカ発行」に際しては、ポイントサイトからもらえるポイント以外に、発行会社が実施している入会キャンペーンをうまく適用させよう

という2点です。

 

ポイントサイト経由でクレカ発行が超絶お得

すでに知ってる人も多いと思いますが、クレジットカードを発行するときは、クレジットカードのサイトから直接申し込むことや、店頭、街頭などでやっている直接申込みは絶対にやってはいけません。

必ず下記のようなポイントサイトを経由しましょう。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

上記からクリックして登録していただけます

ポイントサイト経由でクレジットカードを発行すると、発行するだけで1万マイル獲得などできたりします。

知らなかったという人は、この記事は最後まで読んでみて下さい。

 「クレジットカード発行」は大型案件として書いたオススメのマイル獲得方法の一つです。

その他の大型案件についての本記事最後にリンク記事を貼っています。

よろしければご覧ください。

 

クレジットカード発行の目安として

年会費無料又は初年度年会費無料で、ポイントサイトにて1万ポイント相当もらえるカードは即発行を考えてもいいと思います。

あとは、私なら、5000ポイント以上なら、自分が使う予定の欲しかったカードや、クレジットカード会社側の入会キャンペーンがあれば、発行をしてもいいかなと個人的に思います。ポイントサイト経由でクレジットカード発行しても、クレジットカード会社側の入会キャンペーン(10万円使用で、1万円の商品券プレゼント等々)も適応になる場合が多いです。

 

これまでのクレカ発行履歴公開

じゃあ実際にどのクレジットカードを発行したらいいんだ?どんな条件のクレジットカードががいいんだ?

となると思います。

そこで、私が陸マイラーになって発行してきたカードを、獲得ポイント等とともに公開しますので、参考にしてください。

申込月 サイト 案件詳細 ポイント(円) 入会特典
H28.10   ソラチカカード なし あり
H28.11 ドットマネー クレディセゾン 12000 なし
H28.12 ちょびリッチ ライフカード 10200 なし
H29.1 ハピタス イオンカード 6000 あり
H29.1 ドットマネー ヤマダLABI ANA 12000 なし
H29.3 ドットマネー ローソンponta 7000 なし
H29.3   アメックスゴールド なし あり
H29.3 ハピタス イオンセレクト 5600 あり
H29.6 ちょびリッチ NTTグループカード 9000 あり
H29.6 ちょびリッチ MIカード 11120 あり

 

もっと発行してると思ったんですが、こうして一覧にすると以外と少ないなというのが印象ですが、これだけでも実に実に7万円以上のポイントが貯まっています。

すべてソラチカルートでANAマイルに交換すれば、6万マイル以上です。

先日沖縄の特典航空券をマイルで発券し、家族三人分で、往復4万5000マイルでした。

クレジットカード発行のみでこの破壊力なんですから、恐るべき陸マイラーです。

 

上記一覧表の解説として、ポイントサイトで貯めたポイントを定期的にANAマイル口座へ供給する唯一無二のパイプ役ソラチカカードと、大型キャンペーンをやっていたアメリカンエキスプレスゴールド(ザックリ特典:50万円利用で5万円分還元)は、ポイントサイト経由での発行ではありませんでした。

その他のクレジットカードの入会特典については、おおむね3万~5万円程度ショッピング利用で3000円~5000円(ポイント)キャッシュバック等でした。

ポイントサイトからもらえるポイントとは別の、カード発行会社の入会特典等については、概ね相場としては利用額の10%程度キャッシュバックが妥当な額だと認識しておいてください

 

そして、ある程度陸マイラーとして活動し、ポイントサイトを頻繁に見ていると相場観が身についてきます。

これは、クレジットカード発行だけでなく、FX案件や保険無料相談などポイントサイトに上がっている案件のほとんどに対して、「あっ、この案件は今はお得だな」みたい感じです。これから陸マイラーとして活動していくうえで、そういう感覚は非常に大切です。とりあえず、クレジットカードに関しては、

年会費無料又は初年度無料で1万円相当のポイントなら発行

が一つの目安です。

 

注意点、クレカ発行は月に1枚程度

クレジットカード発行の唯一の注意点は、

発行は月に1枚程度まで

ということです。

その理由は、多重発行による審査落ちの危険があるからです。

カード会社はCIC(指定信用情報機関)という情報機関に、いつ、どのカードを申込し、カードを何枚所有しているか、支払いはできているのかなどの様々な情報を流し、各カード会社で共有しています。大量のカードを同時に発行すると、その情報も流れます。例えば月に何枚もクレジットカード発行をしていると、「大量にキャッシングして逃げる気ではないのか?」などとカード会社に思われかねません。

そうなると、カード会社はその人への新規発行をしてくれません。

 

ただ、「月に1枚まで発行」には何の根拠もありません。

なぜなら、カード発行基準はカード会社によります。具体的には、申込者の職業、年収、年齢等から総合的に判断して発行するかカード会社が判断します。

しかし、これまで先人の陸マイラーたちが築き上げてきた歴史がその基準「月に1枚まで発行」を導き出しております。

目安は月に一枚程度の発行

そして、申し込みをしたカードの発行が終わるまでは、次のカードの申し込みをしない

ということが大切です。

ただ、あくまで目安です。

もちろん月に2枚目のクレカは審査が通らないとかいうわけではありません。

ですので、発行のみで報酬が1万円を超える良い案件があったときなどは、月に2枚や頑張ってビビりながら月に3枚発行したときもありました。

 

話は戻りますが、ちなみにCICホームページから、自分のクレヒス等の情報を見ることができるらしいです。一度見てみたいと思いながらまだ見たことがありません。

 

キャッシング枠を0円にしておく

月に発行するカード数を1枚に抑えていても、カード発行の審査に落ちることもあります。この辺りはブラックボックスなので明確なことはわかりませんが、最大限、審査落ちの可能性が低くなるようしておきたいところではあります。

この工夫の1つに、クレジットカード発行時、キャッシング枠を0円にするということが挙げられます。

その理由は、「総量規制」です。

これは貸金業法という法律が絡んできますが、簡単にいうと、

貸金業者は、利用者に対し、原則、利用者の年収の3分の1を超える額を貸し付け(キャッシング)をしてはいけない

という規制のことです。

 

必要ない限りはクレジットカードのキャッシング枠は0にする

ただ、カード発行時のポイント獲得条件に「キャッシング枠10万円以上設定」等の条件がついている場合は、ポイント確定後にキャッシング枠を0に変更する

これは覚えておいてください。

さてこのようなお得なクレカ発行案件たくさんあるポイントサイトは以下から登録できます。

陸マイラー御用達のポイントサイト「ハピタス」↓↓

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ハピタスについてさらに詳しくは↓

こちらも陸マイラー御用達のポイントサイト「ちょびリッチ」↓↓

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

総量規制についてさらに詳しく(問答式)

ここで、クレカ発行をしまくる陸マイラーとして総量規制に関する気になることなどについて、問答式でいきます。

問 総量規制の対象は??

答 クレジットカードのキャッシング枠が最たる例です。その他には、貸金業者、信販会社からの借入(カードローン)などがあります。

問 総量規制の対象外は??

答 銀行系クレカ(イオン銀行、UFJ等々)のキャッシング枠や銀行系のカードローンによる借入は、銀行法が適用され、貸金業法の総量規制の対象外になります。その他、住宅ローン、自動車ローン、携帯電話本体の分割払代金なども対象外です。

問 クレジットカードのショッピング利用枠は総量規制の対象になるのか?

答 規制対象外です。クレジットカードのショッピング利用枠は割賦販売法が適用され、貸金業法上の総量規制は適用されないためです。

問 総量規制対象になるのはキャッシングの枠だけ?それも実際の借り入れ額が対象?

答 万全を期すには、キャッシング枠であると認識すべきです。(理由:年収の1/3を超える貸し付けがダメという点では、実際の借入額が規制対象であると解釈できる。しかし、例えば、あなたの年収の1/3が100万円だったとして、これまでに発行したクレカのキャッシング枠が100万円あり、実際に借り入れはしていないという状況であっても、新たに発行するクレカにキャッシング枠を10万円をつけてしまうと、合計で110万円を借り入れできる状態になるため、新たなクレカ発行はできないということになる。そうでなければ総量規制をする意味が薄れるためです。)

 

まとめ~不要クレカ処分方法~

それだけ注意していても、もちろんクレジットカード発行の審査に落ちるときはあります。

その際は、CICへ情報が残っている期間である6か月は、おとなしくクレカ発行は差し控えましょう。

あとは、無事発行できたクレカはどうするのか?という疑問があると思います。

もちろんある程度利用して、適当なタイミングで解約するというのがいいとは思います。

これは、CICに残る情報として、ある程度使用して解約した方が絶対にいいに決まっているからです。何も使用せず、ポイント目的だけで発行しまくって解約を繰り返していれば、当然CICで情報を見た時、心証は悪いからです。

が、私は、これまでポイント目的で発行し、ポイント獲得のために例えば発行翌月までに1万円利用などの条件のないクレカは、解約もせず、適度に利用もせず、そのままクローゼットに寝かせています。

それであっても、普通に、冒頭に挙げたような履歴でクレカ発行ができています。

単純に解約が面倒だからとうのもありますので、ある程度したら適当に解約しようと思っています。

ちなみに、クレカの解約は簡単で、だいたいのクレカは、カード裏面に記載のお問い合わせ先に電話をして解約したい旨伝えればそれだけで解約できます。

 

以上が、定期的なクレジットカード発行で大量にマイルを貯める方法です。

 

そもそも陸マイラーとは何なのか、お得なマイルの貯め方などについて、下記記事にしておりますので、よろしければご覧ください。↓↓

是非応援お願い致します↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村 

ツイッターもやってます↓↓