枚方王子

枚方王子

ギャンブル辞めて陸マイラーへ転向したパパです。日々チャレンジして公開していくことを責務としています。

カフーリゾートの「スイート」に宿泊〜夏休みハイシーズンに家族4人で沖縄旅行〜ホテル・コンド・アネックス棟の違いは?

【本記事本文3902字】

夏休みを利用して、7月末から8月初旬のハイシーズンに、家族4人で、沖縄本島にある憧れの『カフー リゾート フチャク コンド・ホテル』に宿泊しました。

f:id:shingo-sakuragi:20180802041645j:image

カフーリゾートの特徴として、全室オーシャンビューかつスイートルーム級に広い客室で、ゆったりとしたリゾートタイムを過ごすことができるというのがコンセプトの1つです。

では、実際はどんなお部屋だったでしょうか、ご覧ください。

 

カフーリゾートへのアクセスと周辺

【カフー リゾート フチャク コンド・ホテル】
〒904-0413
沖縄県国頭郡恩納村字冨着志利福地原246-1
TEL.098-964-7000   FAX.098-964-7700

沖縄中部、恩納村にあるリゾートホテルです。

那覇空港からだと、高速を使って1時間ってところです。

(那覇ICから石川ICまで31.4km(650円)→25分)

(石川ICから一般道→15分)

カフーリゾート は、カフーリゾートを背に海岸を見ながら、すぐ左手に『ホテルモントレ沖縄』、右手に『シェラトンオキナワ』など高級リゾートホテルが立ち並ぶ中に位置しています。

f:id:shingo-sakuragi:20180802041456j:image

(電線が邪魔ですね↑↑笑)

ホテル棟スイートルームに宿泊

外観

カフーリゾートはホテル棟、コンド棟、アネックス棟の3つの建物で構成される大きなリゾートホテルで、目の前の国道58号線からもよく見え、圧倒的な存在感を放っています。

f:id:shingo-sakuragi:20180802041452j:image

フロント&ロビー

では、早速館内に入ってみましょう。

建物自体も比較的新しく、フロントやロビーもリゾートを感じるいい雰囲気です。

前述のとおり、カフーリゾートは、ホテル棟、コンド棟、アネックス棟の3つで構成され、チェックインは、それぞれの予約している棟で行います。

下記は今回我が家が宿泊したホテル棟の1階フロント、ロビーの様子です。
f:id:shingo-sakuragi:20180802041508j:image

今回はホテル棟のスイートを予約しました。

予約後に、リクエストを受け付けてもらえますので、高層階を希望していたことろ、9階を案内してもらえました。

ホテル棟は12階建で、10階までがスタンダードフロアといったなか9階ですので、ほぼリクエストどおりといったところでしょうか。

ちなみに11階より上はエグゼクティブフロアで、カフースイート、プレミアムスイート、プレジデンシャルスイートなどがスイートより更に上のランクの部屋があります、いつか泊まってみたいものです。

スイートルーム内の様子

さて、肝心のホテル棟の9階のスイートルームのお部屋へ行きましょう。
f:id:shingo-sakuragi:20180802041448j:image

ホテル棟はマンションのような造りになっています。

1つだけ不満を言うなら、エレベーターホールはエアコンが効いていますが、そこから各部屋へ行く通路は、マンションの廊下のように外気に面した外通路になっていて、暑いんです。

ただ、そんな暑さも、部屋の中に入ると吹っ飛びます。

キッチン付きの広々としたダイニングには、ベッドが2つ備えられており、さらに別室にもベッドルームがあります。
f:id:shingo-sakuragi:20180802041429j:image

写真には写っていませんが、天井にあるシーリングファンが、リゾートの雰囲気を引き立てます。

部屋には、カフーリゾート専用のタブレット端末から置かれて、そこで館内のレストランのメニューや各サービスを確認できます。

このタブレットがかなり情報量が多く、WIFI対応で、付近の観光情報やアクテビティーを確認することもできます。

f:id:shingo-sakuragi:20180802041513j:image

もちろんトイレ、バスルームはセパレート、洗面などもシンプルで無駄のない造りで、なんの不満もありません。
f:id:shingo-sakuragi:20180802041432j:image

シーサーがお出迎えをしてくれたり、キッチンにはドルチェグストが置いてあります。
f:id:shingo-sakuragi:20180802041440j:image

ベランダの広さは圧巻でした。

リゾート感満載のチェアーと足置きが2セットとテーブルが備えられています。

ルームサービスも充実しています。

なおかつ、高級リゾートホテルの割にはリーズナブルです。

f:id:shingo-sakuragi:20180802171104j:image

今回は我が家では実現できませんでしたが、サンセットを眺めながら、ベランダで食事を取ることもできます。
f:id:shingo-sakuragi:20180802041524j:image

下に見えているのは、ホテル棟2階にあるプールも見えます。

館内には、レストラン、売店、インターネットスペース、ランドリールーム等、おそよ必要なものは揃っています。
f:id:shingo-sakuragi:20180802041516j:image

 

ホテル棟、コンド棟、アネックス棟の違いは? 

実際違いは何なのか色々調べましたが、決定的な違いはよくわかりません。

ちなみに、私は、予約時、宿泊料金は3棟どれも同じ価格で予約することができましたが、子連れには、子供用のプールやお持ち帰りも可能で便利なレストラン『デリ』があるホテル棟がおススメという情報を見て、ホテル棟を選びました。

反面、コンド棟、アネックス棟のスイートには、洗濯機と調理器具が備え付けられていますが、ホテル棟では備え付けではなく、ホテル棟2階のランドリールームを利用したり、調理器具は有料でレンタルすることができます。

部屋に洗濯機有は超絶便利ですよね。

その代わり、ホテル棟には、ジムやスパ、売店など、メインの施設面は充実していて、そのあたりで調和を取ってあるような感じもあります。

ちなみに、ホテル棟、コンド棟は2009年、アネックス棟は2016年完成ということです。

利用者の状況によってオススメ棟は変わってくると思いますが、個人的には、次に泊まるならアネックス棟狙いです。

朝食ビュッフェは洋食or和食

カフーリゾートには4つのレストランがあります。

f:id:shingo-sakuragi:20180802170319j:image

この中で、今回朝食ビュッフェをいただいたのは下記になります。

洋食ビュッフェならホテル棟1階『The Orange』へ

カフーリゾートのメインレストランです。

洋食メインの朝食ビュッフェです。

フルーツ等を含めて種類は豊富です。

個人的にはフレンチトーストとメロンが大満足でした。

f:id:shingo-sakuragi:20180802041501j:image
f:id:shingo-sakuragi:20180802041444j:image

テラス席もあり、朝食の時間なら涼しくて良さそうでしたが、あいにく満席でした。

ハイシーズンは、席全体として、7時半までなら待ちなし、それ以降はかなり混雑しています。

和食ビュッフェならアネックス棟最上階『琉球 BBQ Blue』へ

アネックス棟の最上階のレストラン琉球 BBQ Blueは、大人のためのラグジュアリーフロアとして天空の開放感を愉しむリゾート空間として、ディナーには、最上階ならではの開放感を満喫するインフィニティプールに併設のバーベキューが楽しめます。

ここが朝食会場になっており、雄大な海を眺めながら、和食ブュッフェを楽しむことができます。

今回宿泊していないアネックス棟のロビーはこんな感じになってます↓↓
f:id:shingo-sakuragi:20180802041436j:image

店内は、オープンな感じの『The Orange』よりも、照明も暗めで大人な雰囲気があります↓↓
f:id:shingo-sakuragi:20180802041520j:image

和食メインの朝食ビュッフェです。

写真にはありませんが、なんと、席には鍋が用意され、野菜を好きなだけ取って鍋を食べることもできます。

鍋以外も種類豊富です↓↓
f:id:shingo-sakuragi:20180802041529j:image

ハイシーズンなら、こちらも、待ちなし狙いなら7時半までに行きましょう、それ以降は待ちが発生するとのことです。

隣には、インフィニティープールがあります。

今回利用できませんでしたが、最上階にあるプールから、きっと絶景を見ながら、まるで空に浮かぶように泳ぐことができるんだと思います。
f:id:shingo-sakuragi:20180802041505j:image

ホテル間移動はカード送迎で

カフーリゾートの3棟は、内部で繋がっていません。

しかし、プールはホテル棟2階とアネックス棟12階、各レストランもそれぞれの棟にあり、ホテル間を移動する必要がある場合があります。

そんな時に便利なのがカード送迎です。

各棟の間をカートで送迎してくれるサービスで、フロントやコンシェルジュにお願いすれば、準備してくれます。

今回、ホテル棟に宿泊していたので、アネックス棟の朝食に行くときに使いましたが、快適で、子供がとても喜んでいました。

 

コンシェルジュサービス

カフーリゾートには、コンシェルジュデスクがあり、アクティビティの予約、観光情報、ランドリーの予約、サポートアイテムの調達、レストランへの取次等、どんな要望にも答えてくれす。
f:id:shingo-sakuragi:20180802041640j:image

内線電話でも対応してくれます。

コンシェルジュデスク自体はホテル棟1階にありますが、もちろんコンド棟、アネックス棟利用者でも利用できます。

サポートアイテムが豊富

これも有名ですが、サポートアイテムが本当に充実しています。

一例を挙げるとズラッとこんな感じ↓↓

f:id:shingo-sakuragi:20180802171122j:image

我が家ではWiiUと滞在期間ずっと借りていました。他にもPS4などのゲーム機か、各種家電など、こんなのもあるの?ってくらい用意されてます。

気になる宿泊料金は??

今回カフーリゾートでは2泊しましたが、夏休みのハイシーズンに2泊しようとすると、普通に楽天トラベル等で予約すると、一泊大人2人で6万円程度します。

f:id:shingo-sakuragi:20180802235929j:image

結構なお値段ですよね。

価格面では、シェラトンオキナワ、ルネッサンスリゾート、ブセナテラス、オリオン、日航アリビラ級ですね。

夏の沖縄、リゾートホテル高い問題については、おって記事にしたいと思います。

我が家は、半年前くらいからこの日程で安くなるのを狙い、日々、各宿泊予約サイトを巡回しながら、リザーブ&キャンセルを繰り返し、結果的にdトラベルで予約しました。

f:id:shingo-sakuragi:20180803000455j:image

大人2人で一泊3万6200円まで頑張りました。

夏の沖縄リゾートホテルの高さは別格ですよね。

7月末からお盆まで期間で、これよりも安く泊まられた方がおられましたら、是非教えてくださいませm(_ _)m

 

応援お願い致します↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

ツイッターもやってます↓↓